2007年12月30日日曜日

タンゴが我が国に流行しない理由

タンゴが我が国に流行しないのにはそれ相當の理由がある。
 
 第一にタンゴ音楽を演奏し得るバンドがない。
 第二にタンゴに適した踊り場がない。
 第三に就てタンゴを学ぶ可き良師に乏しい。



森潤三郎という人によって1930年代の日本で書かれた「アルゼンチンタンゴの踊り方」という作品の冒頭である。

森鴎外の弟と同姓同名なのでもしかしたら本人かもしれない。



彼の「たんご」という作品にはこんな文面が見られる。


 タンゴは元来アルゼンチンの民謡、音楽、並に舞踏(この三者は恒に不可分の関係にある)であって、
 その演奏はアルゼンチンの人間に限るのである。
 アルゼンチン以外の楽手ではタンゴ特有の味と辛辣さとが出て来ないのである。
 その技巧を学び得てもその精神をつかむことが不可能らしい。



もちろん、舞踏についても同様の思想が見え隠れする。
当時渡亜した日本人とアルゼンチン人の会話の引用らしい。


 『それでは判りにくい。も少し規則的に教へろ』と云ふと
 『私達は小供の時からタンゴ計りを聴いています。
 そして、それに合はせて歩いていますから、タンゴを耳にしさへすれば、
 足が自然に動き出すのです。従って、自分で踊って見せる以外別に規則だとか、
 ステップだとか云ふものは存じません。つまりどう云ふ風に踊るかと云ふこと
 をお教へは出来ないのです』と云ひましたよ。



タンゴはアルゼンチンの人間にしか成し得ない

という一つの考え方がそこにあったと思われる。




あれから80年近く経って、
アルゼンチン以外の国でも少なからず形を変えるなり何なりで
タンゴが流行しているとは言えないまでも普及しつつあるし、
アルゼンチン国内でさえも、日本で言えば相撲にモンゴル人の横綱が現れたような現象が実際にある。



森氏自身は目賀田男爵(アルゼンチンタンゴを日本に最初に持ち込んだとされる伝説の人物)のダンス弟子でもあったようだ。


 日本に於いて社交ダンスを健全に発達せしめんがためには、
 これを先づ家庭に取り入れ、而して後、次第にその範囲を拡大して、
 一般社交に及ぼすを上策と信じるからである。




つまり当時の日本にあった形で、目賀田ダンスのような形をとって「アルゼンチンタンゴが流行しない3つの理由」が克服されたと解釈すればよいだろうか。

ヨーロッパなどでも社交ダンスとして形を変えて普及していったタンゴダンスの一つのルーツがそこにあったようだ。





その時代から随分と時間が経って、
今現在、社交ダンスとは全く違う形でアルゼンチンタンゴダンスが普及していて、
そのルーツには幾説もあり真相はいざ知らずであるが、



今、私の口から無難に言う事が出来るとすれば

1930年代とは違って、
アルゼンチン現地から持ち込まれるダンスが
そのままに近い形で日本で受け入れられるようになってきた、

ということで結果的には
森氏が語ったアルゼンチンタンゴが流行しない3つの理由とされた事象が克服されつつあるのかもしれない。



もう一つおまけに言えば、
今まさに、アルゼンチン固有の民謡・音楽・舞踏という物が、
日本でも改めて回帰して融合し得るタイミングなのではないか、と勝手に思ったりもしている。

2007年12月29日土曜日

タンゴが我が国に流行しない理由

 タンゴが我が国に流行しないのにはそれ相當の理由がある。

第一にタンゴ音楽を演奏し得るバンドがない。
第二にタンゴに適した踊り場がない。
第三に就てタンゴを学ぶ可き良師に乏しい。



森潤三郎という人によって1930年代の日本で書かれた「アルゼンチンタンゴの踊り方」という作品の冒頭である。

森鴎外の弟と同姓同名なのでもしかしたら本人かもしれない。



彼の「たんご」という作品にはこんな文面が見られる。


タンゴは元来アルゼンチンの民謡、音楽、並に舞踏(この三者は恒に不可分の関係にある)であって、
その演奏はアルゼンチンの人間に限るのである。
アルゼンチン以外の楽手ではタンゴ特有の味と辛辣さとが出て来ないのである。
その技巧を学び得てもその精神をつかむことが不可能らしい。



もちろん、舞踏についても同様の思想が見え隠れする。
当時渡亜した日本人とアルゼンチン人の会話の引用らしい。


『それでは判りにくい。も少し規則的に教へろ』と云ふと
『私達は小供の時からタンゴ計りを聴いています。
そして、それに合はせて歩いていますから、タンゴを耳にしさへすれば、
足が自然に動き出すのです。従って、自分で踊って見せる以外別に規則だとか、
ステップだとか云ふものは存じません。つまりどう云ふ風に踊るかと云ふこと
をお教へは出来ないのです』と云ひましたよ。



タンゴはアルゼンチンの人間にしか成し得ない

という一つの考え方がそこにあったと思われる。




あれから80年近く経って、
アルゼンチン以外の国でも少なからず形を変えるなり何なりで
タンゴが流行しているとは言えないまでも普及しつつあるし、
アルゼンチン国内でさえも、日本で言えば相撲にモンゴル人の横綱が現れたような現象が実際にある。



森氏自身は目賀田男爵(アルゼンチンタンゴを日本に最初に持ち込んだとされる伝説の人物)のダンス弟子でもあったようだ。


日本に於いて社交ダンスを健全に発達せしめんがためには、
これを先づ家庭に取り入れ、而して後、次第にその範囲を拡大して、
一般社交に及ぼすを上策と信じるからである。




つまり当時の日本にあった形で、目賀田ダンスのような形をとって「アルゼンチンタンゴが流行しない3つの理由」が克服されたと解釈すればよいだろうか。

ヨーロッパなどでも社交ダンスとして形を変えて普及していったタンゴダンスの一つのルーツがそこにあったようだ。





その時代から随分と時間が経って、
今現在、社交ダンスとは全く違う形でアルゼンチンタンゴダンスが普及していて、
そのルーツには幾説もあり真相はいざ知らずであるが、



今、私の口から無難に言う事が出来るとすれば

1930年代とは違って、
アルゼンチン現地から持ち込まれるダンスが
そのままに近い形で日本で受け入れられるようになってきた、

ということで結果的には
森氏が語ったアルゼンチンタンゴが流行しない3つの理由とされた事象が克服されつつあるのかもしれない。



もう一つおまけに言えば、
今まさに、アルゼンチン固有の民謡・音楽・舞踏という物が、
日本でも改めて回帰して融合し得るタイミングなのではないか、と勝手に思ったりもしている。

2007年11月1日木曜日

オンライン・レココン

レココンに立て続けに行ってみました。

一つは西村先生とタニィさんによる 名古屋 TOKUZO で開催されたレココン。

今回はTOCATANGOなどでおなじみの Juan Carlos Caceres がテーマでした。
※参照:毎日がブエノスディアス!

もう一つはすいよう会で毎月開催されている レココン。

演奏家もいればレコード収集家もいればダンサーもいる、タンゴに縁の深い方が集まるコンサートです。
※参照:すいよう会

未知の音楽に接することができた人もいれば、
もともと聞いたことがあって興味が湧いた人もいれば、
さらに新たな個人的な探究心を呼んだ人もいたでしょう。

色々な立場の方が
少しずつタンゴという物に魅入られていく
そんな現場を垣間見た気がします。


もっと多様なレココンが必要かどうか?

今はよく分かりません。

テーマがあって、初めて集まる人がいる、という流れ
集まる人がいて、初めてテーマがある、という流れ

両方がうまくマッチしないと成立しません。

もちろん・・・・

テーマがあってもネタがないとダメですね。

一方私のような一般人が考えられるところと言えば

どんなテーマが望まれているか
どんな集まる機会があるのか

というところでしょうか。


すいよう会のレココンでは
前月にレコードで鑑賞した曲が CDで配られます。(300円)

このCDで配ること自体、著作権的にどうなのか?
ちゃんと調べてみました。

レコード・CDについて、、

著作権が作曲者・作詞者の死後から50年間有効
著作隣接権が演奏の初回録音から50年間有効

また重要なこととして、、

仮にそのレコードが録音から50年経っていたものだとしても
そのレコードを元に CD にリマスタリングすることで今度は CD 作成者に著作隣接権が発生する

逆に言えば、古い録音だからといってCDで持っている曲をバンバンコピーして個人利用の範囲を越えることは法律違反なわけです。

で、すいよう会の配るCDは何故大丈夫かといえば、、

(もうお分かりでしょうが)
あくまでも50年以上前に録音されたレコードを音源としてCDを作成しているからです。

あと不謹慎かとは思いますが作曲者・作詞者が50年以上前にお亡くなりになっているということを確かめられています。


仮にオンライン・レココン的な物をやろうと思うならば、

実はタンゴという分野は、最近の技術が利用できる良い大きなテーマだということが分かります。

古いレコードをお持ちの方でもっと色々な人と共有したいという方、
もしくは、そういう人が近くにいるけれどもその人は IT はちょっとゴメンだと思っている方、

インターネットを通してレココンを開いてみてはいかがでしょうかね?

どんなテーマが望まれているか
どんな集まる機会があるのか

そんな垣根を軽々と越えさせてくれるのではないでしょうか?

たとえば以下のようなサイトが利用できますよ。(ほんの一例ですが)




もし開催されるようでしたら是非ご一報くださいませ。

いつでしょう?
プグリエセ解禁だとか、ピアソラ解禁だとか?

2007年10月2日火曜日

ミロンガを歌う女性 ~ Cafe Homero

強盗に遭った日の夜も

カフェ・オメロという喫茶店にて

やはりタンゴ満喫でした。


演奏が始まりました。


ピアソラかと思いきや

割と古典的な曲がかかったり

突然ダンサーが出てきたり


誰が主役か

良く分かりません。

が、

この真ん中の何とも強烈なオーラの女性
これが今日の主役


肉厚のおなかを
網でつつみつつ

歌を奏でる。

その震える喉うらに
やはりタンゴの影か

うん。
まさにミロンガを聞く心境

単なる明るく楽しい歌なんじゃない。

ブエノスアイレスの眼差しに見つめられて
新しい境地に達した気がする。

勘違いかも

今も鮮烈に思い出されるのが

Milonga De Mis Amores と Se Dice De Mi

ミロンガを歌う女性の声もいいね。

Zully Goldfarb
AROMATANGO

Zully Goldfarb


Cafe Homero
Palermo Cabrera 4946
Informes y Reservas: 4775-6763 / 15-5156-5457
cafehomero@hotmail.com
Como llegar: 34-55-57-140-142-151-168

2007年9月30日日曜日

イケメンタンゴバンド ~ Viceversa Tango

イケメン好きの貴女にはたまらない


という触れ込みかどうか知らないが、

Castelar Hotelというホテルで無料コンサートがあるというので行ってみました。


入ってみるとなにやら物凄く賑わっていて
結構なイケメンが集まってタンゴを弾くという。

しかも割とイケメンたちがシャキッとしている割に
何かチャラチャラした女の子たちが仲間にいるので
なんとなくどうなんかな?って雰囲気。

みんな20才行くか行かないかぐらいかな


ってことで、あんまし期待してなかったのだが・・・

そんな「無料だからまぁとりあえず聞いてみようか」的な考えが

演奏が始まったところで吹き飛んだ。

おお!
↑感想はそれだけかよ

実際に聞いてみると顔はともかく、見事な編曲でしたよ。

となりのポルテーニャを名乗るおばさまは
真顔で「彼らは素晴らしい」とかなんとか言っていた。

本当に新しい勢いのあるタンゴでした!!


ちなみに別に私はイケメン好きではない

★で調べてみると期待の新人らしい
VICEVERSA TANGO

Viceversa Tango

2007年9月28日金曜日

大道芸 ~ ブエノスおまけ写真

ブエノスには日常にタンゴがあふれていました。


フロリーダでの大道芸


フロリーダでの大道芸2


サン・テルモでの一幕


サン・テルモでの一幕


ドレーゴ広場での大道芸


ドレーゴ広場での大道芸2

2007年9月27日木曜日

ファビオ・ハーゲルの演奏 ~ カフェ・トルトーニにて

ポケモンさんに
ハーゲルがトルトーニで聞けるという情報を聞き
行ってみた。


カフェ・トルトーニ - Cafe Tortoni

目の前で、しかも15ペソですよ。
それにしても日本人が多く集まってましたが。


Fabio Hager y Tango del Sur

↓ハーゲル氏の立ち演奏

Fabio Hager

★「ブエノス・タンゴ」は記憶に新しい





ファビオ・ハーゲル&タンゴ・デル・スール「ブエノス・タンゴ」
ファビオ・ハーゲル
ビクターエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る

2007年9月23日日曜日

ブエノスの野外ミロンガ ~ La Glorieta

ブエノスに中華街があると聞きつけて、
ついでにその近くでやっていた La Glorieta という野外ミロンガに行ってみました。

アルゼンチンの鉄道(TBA)にて Retiro から Tigre行きに乗って2?3駅 Belgranoで降りて目の前の公園でひっそりとやっています。

または、中心街から行くならば、アルゼンチンの地下鉄(Subte)の D線に乗って終点の手前の Juramentoから海側へ歩いて10分くらいで公園があります。

鉄道は1ペソ(40円)、Subteは0.75ペソ(30円)でしたか。
ちなみに普段から小銭を作る心がけがないと乗るのが難しいようです。






↓Subteはこんな看板↓鉄道はこんな感じ↓Retiroの駅(ご参考までに)

広い公園の中で看板も出ていないので、どこでやっているのかさっぱり分からないのですが、頼りはあなたの耳だけです。

良く耳をすませば、馴染みのあるビアジなんかがうっすらとかかっています。

音をたどっていくとやがて白くボンヤリと光る円形の建物で無数の人間がうごめいているのが見えてきます。


かけつけたのは夜なので写真を見てもどんな感じか分からないかもしれませんが、こんなホームページにおおまかな形が見られます。


ああ、恍惚とみんな踊っていますが、われわれも負けません。


やっぱり野外が好き。

ぜひ、ブエノスに行った際は、お試しください。入場料はカンパのみです。

Organiza: Marcelo Salas
Milonga: sabados y domingos a las 18hs. (土曜・日曜 18:00?)
Clases: sabados y domingos a las 16 hs. (土曜・日曜 16:00?18:00)
Profesor: Marcelo Salas
Precio: milonga a la gorra, clases consultar precio
情報元:http://pythia.uoregon.edu/~llynch/Tango-L/2005/msg00059.html

日本でも氷川丸や月島、代々木公園などで野外ミロンガが定期的に行われていたりしていますね。靴やスピーカーの問題がありますが、どんどんこういう場は増えて行って欲しいものです。

あ、そうだ。

中華街自体は、まぁまぁ。というか、行ってからのお楽しみ、って感じ?日本料理屋さんや韓国料理屋もあったので困ったらそっちに入った方が良いやもしれません。



中華街は意外と狭いので、あまり区画を周りすぎると例によって危険な区域に行ってしまうかもしれませんので、ゼヒご注意を。

2007年9月21日金曜日

フォルクローレの里 ~ もう一つのアルゼンチン

何を隠そう。

実際、フォルクローレはどうなのよ?

ピンと来てなかったんだよね。

でも、

↓こんな風景を見るにつけ、ああなんだかそういう空気の元で生まれた音楽なんだなと思うに至り、

ウマワカ渓谷


ウマワカ渓谷2

↓こんな動物を見るにつけ、ああなんだかこんな暖かい目で見つめてくれる心を感じるに至り、

リャマ


アルパカ

↓こんな町並みを見るにつけ、ああなんだか洗練された時間の流れた跡を垣間見るに至り、

フフイのどこか


フフイのどこか


フフイのどこか

↓こんな賑わいと共にするにつけ、ああなんだか本当はみんな楽しむことを求めているのだと考えるに至った。

ペーニャ1


ペーニャ2


ペーニャ3

ああ、これもアルゼンチンなんだな。

2007年9月20日木曜日

ブエノスで遭った強盗の眼差し

まずはこの写真をご覧ください。




泥臭く朽ちた民家、干からびた道、
良く見ると鳥がブラブラしていたり
暗い部分には人影が。。


まぁ、この写真自体には
別に何かあるわけではないのですが、
要は、場所が結構ヤバイ地域だったらしく、
こんなところの写真が撮られていることが有り得ないみたいな。


でもって、
案の定、この写真を撮って左を向いて5秒後には
ピストルを突きつけられていました。



そう、ここはアルゼンチンのブエノスアイレスでも有数の観光地、ボカの一角でした。
サッカーで有名なボカ・ジュニアーズの本拠地、
そして、アルゼンチンタンゴ発祥でおなじみ、カミニートなどのある場所。


ボカ・スタジアム(ボカ・ジュニアーズの本拠地)


カミニート


ボカ地区の多くの部分はスラム化しており、
ある警官曰く「俺はあんなところイカねぇ」って感じのところでしたが
聞くところによると、住民は生活を変えたがらないそうです。


逆に言えば、
アルゼンチンタンゴが生まれた時代のボカを伺い知ることができた。
などと前向きに捉えている今日この頃です。



あの強盗の強い眼差し。
今でも忘れられません。

犯罪行為、そして命を顧みない行為、
決して許せるものではないのですが、
彼らが辛い生活・歴史を背負ってきたにせよ、そうでないにせよ、

これがアルゼンチン、まさに現実。



そう。
凄みのある、圧倒的なダンサーにも
似たような強い眼差しを感じることがあります。

決して蔑んだ意味ではなくて。


身震いの来るアベジャネーダ橋


そうそう。
最後に一言。

私を筆頭とした
あまり調べもせずに「地球の歩き方」片手にブエノスへ行こうとしている皆様、
一区画の違いが命取りです。


知らない場所で乗り物から降りるのは自殺行為です!

168番のバス(コレクティーボ)


たとえば単にボカ行きだからといって、↑こんなバスに終点まで乗ってしまうとアウトです。地獄の一丁目行きでした。
おそらく現地出身の人じゃなくて外国出身の人に聞いた方が身のためです。


それから、タクシーは RADIO TAXIが目印だそうです。(だからといって確実ではないです)


2007年9月17日月曜日

結婚とタンゴ

結婚式から
もうすぐ3ヶ月

今まで接してきたタンゴが
そのままそっくり結婚に当てはまるわけもなく

お互いに大好きなタンゴを
どのように組み入れていきたいのか

やっとたどりついたブエノスで
少し見えた気がする

そんな朝、こんな曲を聴いてみた

[Neli Saporiti & Gerardo Gandini / El Ultimo Cafe]

★2曲目のUltimo Cafeが好き
LOCAS TENTACIONES

Locas Tentaciones


by Gerardo Gandini - Neli Saporiti@ TangoStore.com

- 踊りたい曲 No.56 -

2007年6月5日火曜日

踊りやすい曲を求めて④ダリエンソとサルリとプグリエセ

ダリエンソとサルリとプグリエセ

ダリエンソはどちらかというと敢えて127前後の曲を演奏していた模様。
これが吉と出たか凶と出たか分からないです。

グラフは、左からダリエンソ、真ん中がディサルリ、右がプグリエセのテンポの分布でしたが、
それぞれの好んだテンポを調べると、それぞれ127、117、113くらいだということも分かりました。
テンポ10の違いで結構な踊り感の違いですね。

でも本当にダリエンソ以外はテンポがどうだから云々ということがなかなか難しいかもしれません。

2007年6月4日月曜日

踊りやすい曲を求めて③ミロンガとワルツとタンゴ

ミロンガとワルツとタンゴ
左から、ダリエンソのタンゴ(164曲)、ダリエンソのミロンガ(24曲)、ダリエンソのワルツ(26曲)のテンポ (フリーソフトによる自動測定結果)

結論から言うと、ダリエンソの曲については、
タンゴはBPM120?140の曲が中心で(細かくはそのうち)
ミロンガ・ワルツは90くらいから速くて120程度というところが見えました。

ミロンガは裏が入るので気分的には最大体感テンポ240くらいという感じです。
実際の曲と比較してせいぜいテンポ100くらいにしてもらわないと足が回らない感が否めません。さらにいえば、ミロンガの中にはさらにいくつかの曲感があると経験的には知っていて、そのうちどれがどういう風に踊りやすくて踊りにくいのかは未だ分析したことがないので細かくはそのうち。

ワルツは大雑把に3拍で一歩なのでテンポだけで見れば一番優雅に踊れるのでしょうか。いやいや、ほんとに?
ワルツがタンゴよりもテンポが遅くてステップ頻度も低そうなのに踊りにくい感があるのは一体なんなのでしょうか?これも細かくはそのうち。

MixMeister BPM Analyzer

踊りやすい曲を求めて②遅いテンポの曲

ダリエンソ 遅いテンポの曲
昨日の①のグラフは
ダリエンソのうち自分的には大雑把に「タンゴ」に分類していた200曲のテンポ分布であった。まず気になったのはテンポが飛びぬけて遅い曲が混じっているという点である。

まぁだいたい察するに
1)ミロンガなどの違う曲調の曲が混じっていたこと
2)ツールによって自動測定できていない曲があること
なのだろうと思われるため、一応その実体を確かめてみる。

予想通り、一部の歌物タンゴを除いて大まかにはミロンガ・ワルツであって
ミロンガ・ワルツ・タンゴを正しく分類していればかなりきっちりとした傾向が出る雰囲気である。

Silueta Portena 93.67 Milonga
La Punalada 99.41 Milonga
De Pura Cepa 99.67 Milonga
Pasion(v) 102.77 Vals
Pasion 103.09 Vals
Corazon De Artista 104.91 Vals
Desde El Alma 105.5 Vals
EL Lloron 105.52 Milonga
Corazon De Artista 105.78 Vals
El Esquinazo 105.83 Milonga
Milonga Querida 105.96 Milonga
Amor Y Celo 107.03 Vals
Sueno Florido(v) 107.33 Vals
Corazon De Artista(v) 107.39 Vals
Milonga Del Corazon 107.49 Milonga
Alma Dolorida(v) 107.59 Vals
Sueno Florido 107.84 Vals
Alma Dolorida 107.93 Vals
Lagrimas Y Sonrisa 108.73 Milonga
El Aeroplano 111.36 Vals
La punalada 112.14 Milonga
Candombe Oriental 113.98 Milonga
La Parrillada 116.02 Milonga
Meta Fierro 118.76 Milonga

以下、タンゴだけれども、どのくらい信頼していいか不明な曲。

Marinera (Canta Jorge Valdez) 101.24 Tango
トマ・エスタス・モネダス 101.81 Tango
14 De Diciembre 102.46 Tango
Dios Te Selva, Mi Hijo 103.65 Tango
Adios Chantecler (Canta Jorge Valdez) 104.05 Tango
G.H.Matos Rodriguez 105.57 Tango
La Cancion (Canta Jorge Valdez) 108.64 Tango
Canzoneta 109.6 Tango
Esta Noche Me Emborracho 110.73 Tango
Mas Grande Que Nunca 112.87 Tango
Dos Guitas 115.13 Tango
El Penado 14 115.74 Tango
Rie, Payaso 116.89 Tango
Hasta Siempre Amor (Canta Jorge Valdez) 117.92 Tango
Infamia 118.76 Tango
Chirusa (Canta Jorge Valdez) 119.59 Tango
Muneca Brava 119.77 Tango

2007年6月3日日曜日

踊りやすい曲を求めて①タンゴのテンポ解析

ダリエンソのテンポ解析マニアックですみませんが、
楽曲のテンポをまとめて自動測定してくれるソフトをゲットしたので
ためしにテンポがとりやすそうなダリエンソの200曲くらいをまとめて計測してみました。

この結果を信じるならば、
音取りが比較的速めと思われるダリエンソがだいたい130くらいで取られているようです。

ダリエンソ 分布

単なるテンポだけでどういう事が言えるか分かりませんが
ちょっと他の物と様子を比較してみましょうか。

将来的には
リズム取りの特徴や単調さ・高低・楽器による差異なんかを知ることも面白いかと思われます。
技術的にはこれらを自動的に目星を付ける方法を検討せねばなりませぬが。

See detail MixMeister BPM Analyzer