2006年6月30日金曜日

ベジェ曲線とクロソイド曲線

タンゴを習いはじめる時に
すぐさまステップがどうとか、この技がどうとか言って、
なんとかタンゴの真似事を開始する人が多い


そうやって始めてみたものの
やはりタンゴとは「歩き」を核とした二人の動きが成すダンスである事を痛感し
長年タンゴと接してきた人が年を追う毎に基本的な動きに時間を費やすようになる例が
よく見られる


今日は特にそんなタンゴの習い方が間違っているかどうかについては触れない


基本的な動きという物を考えるときに
どうして人間はステップを真っ先に考えるかというと

他人のダンスを見て motion capture する上で
ステップを認識することが最も達成感の得やすい要素であるからであり
ステージなどでも結果的に観衆が魅了されやすいポイントである


しかしながらリードをしながら男性は、
連続的に女性に与えるべき力の方向、そして目まぐるしい強弱の変化を体得する上で
踊りを重ねる事により、より一般化したリードの理論を模索しようとする


そんなえらそうに語る私も
ただひたすらリードのへなちょこさに
嘆く毎日である



そんなことはさておき、
タンゴではお互いの連続的な動きが美徳とされているようだ
さらに言えば、連続的な体の支点の動きのような物が求められているようだ


体の支点という言葉に困惑される方も多いだろうが
「ある動きが繰り広げられる上での定点的な力の拠り所」であり
小学校か中学校で習った例でいうと、シーソーの支えどころとなる


シーソーの例では地上に足があって台を支える点がまさしく支点であって
タンゴの場合も二人で組んだ体のどこかが支点になれば心地よさそうである

ところが人間の足という物は厄介者で
2本あってお互いに交互に動き合わせなければ人は歩けない

仮に戦車のようなキャタピラ型の足の人がそこにいれば
人はその安定っぷりに目を見張ること間違いない


そんなことはさておき、
逆に支点を設定して足が後から勝手についてくるようにしろ
という事をGさんが教えてくれた


なるほど、というところで
私なりにしばらく考えた結果
支点の動きが理想的には【ベジェ曲線】のようになれば
自然に足がついてくるのではないか、
と想像するに至った


参照:イラストレータで描くベジェ曲線
http://www.interq.or.jp/rap/keihiro/dtp/ill-06/ill-06.html


ある既知の振り付けを動く上で
点と点を通る最もスムーズな曲線とでも説明できるのかどうか
そんな支点を動きを実現できるようなリードが求められていることになる



ついでに
こっちはどうでもいい話だが

カーブを描く動きに
人間がもっとも自然な加速を感じる為の曲線は
クロソイド曲線と呼ばれるそうで

ヒーロなどの動きに際し
支点の動線となるベジェ曲線が
クロソイド状になれば心地よい回転が得られるはずである


参照:クロソイド曲線について(下へ行くほど上級者向き)
http://202.250.123.44/buturi/clothoid/clothoid.html
http://www.appmath.osaka-wu.ac.jp/~takashiw/mathematica/geometry/jma-clothoid.htm
http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/clothoid/clothoid.htm
http://www.u-gakugei.ac.jp/~nobuko/97seminar/99-2.html

理論的には


おわり

2006年6月20日火曜日

タンゴが好き@関東某所

週末は完全オフライン


「タンゴが好き」でおなじみのあの方と共に
「タンゴ増員計画」の幾人かと関東某所28Fで踊りこみました♪



朝の食卓



ミロンガタイムと半分人間の怪


そして、



懐かしの蓄音機タイム



サッソーネの日本曲カバー


ああ、極楽でした☆


※「タンゴが好き」は今コチラに
http://deluxe.web.infoseek.co.jp/

2006年6月16日金曜日

Ain't No Sunshine

雨が降りそうで微妙に降ってあまり降らない


そんな日本人のイライラには
Al Jarreauではなく、この人の声が良い

 [Horace Andy / Ain't No Sunshine]



★粒ぞろいの一品(れげぇ)




Studio One Soul, Vol. 2
Various Artists
Soul Jazz

このアイテムの詳細を見る



- 踊りたい曲 (No.39) -

2006年6月15日木曜日

悲しみベスト

悲しさ満開の曲を集めていたら、
気づいたら全部 プグリエセになっちゃいました。


Patetico 2:39 Osvaldo Pugliese
La Rayuela 3:20 Osvaldo Pugliese
Pata Ancha 3:23 Osvaldo Pugliese
Negracha 2:44 Osvaldo Pugliese
La Mariposa 3:36 Osvaldo Pugliese
Para Dos 2:51 Osvaldo Pugliese
Gallo Ciego 3:35 Osvaldo Pugliese
Yunta De Oro 3:33 Osvaldo Pugliese
Gente Amiga 3:17 Osvaldo Pugliese
Flor De Tango 2:28 Osvaldo Pugliese
Quejumbroso 3:35 Osvaldo Pugliese
La Cachila 2:32 Osvaldo Pugliese
El Arranque 3:13 Osvaldo Pugliese
Seguime Si Podes 3:12 Osvaldo Pugliese
El Embrollo 3:15 Osvaldo Pugliese
Bien Milonga 3:15 Osvaldo Pugliese
Yuyo Verde 2:46 Osvaldo Pugliese
Nochero Soy 3:32 Osvaldo Pugliese
Malandraca 2:52 Osvaldo Pugliese
Tierra Querida 3:29 Osvaldo Pugliese

2006年6月3日土曜日

Virtual Insanity

残すところ僅か


新しく自分らしい insanity を求めつつ
あくる日の explosion はあるか?


宇宙は
やがて縮退するか?
無限に膨張するか?


そういう
つかみ所のない議論をしている時の
別世界での insanity を求めている気がする


敢えて聞いてみる。

 [Jamiroqual / Virtual Insanity]


★シングル




Virtual Insanity
Jamiroquai
Pid

このアイテムの詳細を見る




- 踊りたい曲 (No.37) -