2006年10月28日土曜日

A Rose For Emily

アメリカで4束買ってきた
リングイネを食べるための
ミートソースを煮込んでいる


余った赤ワインを頂くことにした


暖かくなって
懐かしい曲を聴いてみた

 [The Zombies / A Rose For Emily]


ほのかな甘みが
クレソンの香りと混じりこんでいく


★60年代の曲なんだね?




オデッセイ・アンド・オーラクル
ザ・ゾンビーズ
テイチクエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


- 踊りたい曲 (No.48) -

2006年10月25日水曜日

The Brazilian

どうやらショパンを弾くには時期尚早


という事が分かってきたので、
もっと簡単な曲を弾き始めた。


Scent of Woman に入っている
Por una cabeza なんてのはちょうど簡単に聞き取れて
しかも原曲とハモれば中々良い気分になれる


そう。
適当に流れた曲と適当にハモル。


楽器を弾く、
ひとつの楽しみ♪


日本シリーズも
不甲斐なく負け、
新庄がヤケに憎たらしい。


そんな今夜は
プログレッシブにまぼろち化

 [Genesis / The Brazilian]


この曲、曲名と合ってません。


★小学生時代の思い出のアルバム




Invisible Touch
Genesis
Virgin

このアイテムの詳細を見る



- 踊りたい曲 (No.47) -

2006年10月20日金曜日

dazed and confused

踊れる曲と
いえば!!

 [Led Zeppelin / Dazed and Confused]


じゃありませんか?


追走・閉響・重圧
そんな感じがタンゴに現れる。


★そうか、リマスター版なんかが出ているんだね




Led Zeppelin Remasters
Led Zeppelin
WEA International

このアイテムの詳細を見る



- 踊りたい曲 (No.46) -

2006年10月17日火曜日

El Vuelo 公演

日曜日は Orchesta el Vuelo 初公演でした!


タンゴダンスの方でもおなじみの YUMIVNさん・Keroさん、
そして春の日ミロンガ・夏の日ミロンガで演奏してくれた Los Pollitos の CAMAさん、が出演!!


みなさんのご様子。
188b

YUMIVNさん・Keroさんのデュエット!
189b

スペシャルゲスト!
RIMG1190


力強い演奏で、とても素晴らしかったです!

2006年10月16日月曜日

Rhythm and Motion?プラクティカ(金)?サンフラン特集11

Rhythm and Motion @ ODC friday ODC Dance Commons


※この日のmixi日記はこちら


とうとう最終日。


金曜日は Monte Cristoというミロンガとブルースのパーティも
すぐ近くでやっているらしいが
とりあえず、一番うまい人が集まるといわれるODCのプラクティカへ参加


ダンススクールみたいな感じなのかな?


入り口はこんな感じ
odc


$10だったかな?


フィリポがレッスンしていて
そのうちホーマー、グレン、マリアナ、その他名前を知らない先生っぽい人が
ぞくぞくと集まる


Beatよりもさらに広いし
床も快適、素人の皆様もかなり歩ける感じ


広くて快適!でもプラクティカ・・・
RIMG1173


練習会なのだけど
我を忘れてミロンガのように踊ってしまった
ま、それも練習だよね


日本に帰ったら
ちゃんと頭使って練習しようと思います。


↓以下は、フィリポとマリアナのスナップショット

odc1

odc2

odc3


Mariposa Tango Club?ミロンガ(木)?サンフラン特集10

Mariposa Tango Club @ Verdi thursday Victor


※この日のmixi日記はこちら


その日はカニを食べて
少し満足して踊りに出てしまったけれど
Verdi の看板を見て
何だかまた踊りたい気持ちが復活


入り口の看板
verdi


こちらのミロンガは
先生ではなく一般の方が主催されているらしい


ちょっとした廊下を通って
シャンデリアに照らされる踊り場へ出る
赤レンガ並に広いかもしれない


verdi1


入場料は$14


年齢層が高いといわれたけれど
そんなこともなく
踊り良い方々が集っていた


ワインやワインカクテル、春巻など中華料理、ケーキなどが並んでいて
バクバク食べれる


踊り場2
verdi2


10時半ごろに主催の人が挨拶をした後
サルサとスイングが一曲ずつ入る


年配の方も若い方も
楽しげに踊る

2006年10月15日日曜日

Cellspace?ミロンガ(水)?サンフラン特集9

Cellspace @ Cellspace wednesday Homer


※この日のmixi日記はこちら


水曜の Cellspace は
ホーマー主催の alternative milonga だと云う


この日は新しく友人になった人たちと
ニューヨーク料理なるものを食べる


良い気分になって
下町へ向かう


珍しく雨が降りしきる中
Cellspace の看板が浮かび上がる


入り口
cell1


入ると、一見、大学のサークル棟とかそういうノリに見える


倉庫を利用したスペースらしい
内部には巨大な空間が広がる
独特の雰囲気が広がる


cell2


入場料は$5でしたっけ?
これミロンガですよね?


さっそくかかりはじめたのは
ギリシャ系クラブっぽい音楽


ギリシャ系 → 聞いたこと無い Electric Tango → ヒップホップ → swing


全く初めての展開!


とりあえず誘って踊ってみるが

雨が降ると
床が べたべた になりがちで
その度合いは 雨の club asia よりも結構むごい


みんなでパウダーを伸ばす・・・
cell3


リノリウムよりもややベタつくくらい

わたし的には普段からシューズなしで鍛えているのでへっちゃらだが
すべりすぎはカンベン

床の滑りが踊り手の未熟さを顕著に露呈してしまう


現地の女性たちも

音楽の斬新さを楽しむというより
パウダー領域とそうでない領域の踊り分けに
苦しんでいるようだった


時々 Color Tango がかかる

自分としては結構面白い展開なんだけど?
曲の感じがコロコロ変わるので
いい踊りをしていた女性も急に音楽性が合わなくなったりする


貴重な体験をさせてもらいました!


こういう試みは日本でもあるべきですね。

2006年10月14日土曜日

El Valenciano?ミロンガ(火)?サンフラン特集8

Bailongo del Valenciano @ El Valenciano tuesday Glenn


※この日のmixi日記はこちら


BARTの24th Street駅から歩いてすぐ


黄色い入り口が目印。


レストランかバーという感じの入り口
elv3


中に入っても
やはり一見普通のバーなので
何かの間違いかと思ってしまうが


奥にあります!
暗く古い香りがしているではありませんか!


日本には無い非日常空間。


バーテンは無表情
どっちかというと無愛想


でも気さくなラテン人が飲んでいて
陽気に話しかけてくる。


知り合ったドミニカ人によると
サルサをしに日本に行くアメリカ人も多いそう

それだけ日本のサルサは評判がいいらしい!


天井はこんな感じ
RIMG1051


踊り場の周りは
いかにもレストラン風の丸い机と椅子で
多重に覆われている


囲まれた領域に
質の良い踊り場がある


天井の色使いに釣られ
足の運びも軽く


ぶっちゃけ
タンゴじゃなくても
雰囲気だけで楽しめる?


踊り場
elv1


踊っているのは
ほぼ男女均一


日本と同じように
曲無視で活発に動き回るおじさん約1名

ただし日本のように
鉄のように縦横無尽にぶつかってくるおじさんはいない


やはり暗さが良い

選曲も落ち着いている
ビアジやカナロが主体
ここでヌエボはまずかからない


タンゴの狭間に
sax系のジャズがかかる


それがまた良い


こっちの人は
スイングやらブルースやら
いわゆるアメリカのダンス音楽を嗜める


サルサよりも
楽しいかも!


elv2


1時頃、終わってからも
サルサがかかり始めて
それでもみんな踊り続ける


あ、そうそう
あの mayumix まゆみ先生をこちらで見かけました?

踊ってもらってラッキー♪

The Beat?プラクティカ(月)?サンフラン特集7

Orange Practica @ The BEAT monday Homer


※この日のmixi日記はこちら


月曜の夜は
バークレー The BEAT で行われている練習会に参加


住宅街なのか商業地域なのか
よく判断つかなかったが
少しアカデミックな雰囲気が漂う区域


並木道の一角から
ガラス張りの入り口を入ると
しっかりした造りの建物


入ったところの様子
beat1


入場料はなんと$5
病院の患者面接受付のようなところで払う


どこかで見たダンサーが
バリバリ練習している


基本的にミロンガとの差は感じない
少し明るいくらい


Homer & Anna
beat4


噂のホーマーと出会えた


彼の踊りは
ほんとうに見ているだけでも面白い
誰とでも気さくに踊る


練習風景
beat2


日本人や日系人何人かと
日本語でお話しているのに
時々不思議と英語で会話してしまうのが妙な気持ち


アメリカの人には
ニコッと手を差し出して誘う


もちろん目で誘っても良い
相手が気づけば


beat3


一回バチバチっといって
音楽が止まったこと以外は
すばらしく安定したDJ


タバコは室内は禁止で外
酒を飲んでいる人もいない


技の探求、心の探求に
遅くまで取り組んでいる


ひとつの
練習会のあり方を見た
気がする

2006年10月13日金曜日

Tango Soma?ミロンガ(日)?サンフラン特集6

Tango Soma @ Studio Garcia sunday Ken & Natasha Delmar


※この日のmixi日記はこちら


AT&Tでボンズの最終打席を見届けた後
8th St.まで歩いてきたけれど
ちょっとここは分かりにくい・・・


やや物騒な外構え
soma1


それに
セサミストリートよりも
ややハーレムっぽくなったような場所で
初めはビビリ気味


良く一人で入れたもんだ。。


タンゴの前はヒップホップのレッスン
RIMG0991


タンゴのレッスン前に着いてしまったので
子供達がヒップホップのレッスンを受けていた。


みんな楽しげ?


Ken & Natasha
soma2


おおっと。いきなり遅刻気味に Ken 登場!


改めて見ると、すごい笑顔だ。
屁のつっぱりはいらんですよ。って感じ?


市場調査のつもりで基本レッスンから受けてみたけれど

レズの女の子が二人でチュっチュしっぱなしだったのが若干気になったが
まあクロスのリードなどいつも適当にやっているところが勉強になった


終わったあとの彼らのデモは
やや縮こまり系だけどいい雰囲気!


全体として受講者のみなさんが
始めたばかりの work-out 気分丸出しで新鮮だった


次のIntermediate のクラスでは20人を越える人数
準備体操が独特。これも使える!


また、とあるムーブメントを教える手法は
日本的で特定のステップをひたすらやらせる系だったが
お約束を持たないように生徒に教えるところなどがロジカルで良い


あと、アメリカの人は足が長いので
足が絡まる系の動きが大きくて面白い


レッスンが8:30くらいに終わり
それからミロンガ


おいしそうなフルーツなど
RIMG0994


フルーツやケーキ、タルト、クロワッサンにチーズが挟まったやつなど
そしてワイン・ソフトドリンクが出てきて
しかもレッスン2つ付きで$15


クロワッサンが特にシンプルだけれど
なかなかおいしかった


踊り場
soma3


昨日の golden gate milonga とは全く面子が違うが
時間と共にちゃんと歩ける人が増えてきた


特に感じたのは
アメリカ女性が足腰が結構しっかりしているので
踊りやすい事


あとは
日本のようにドロドロ系の踊りをする人があまりいない
というかあまり音楽によって踊りを変えようとしない


選曲は結構好き
プロのDJが雇われているらしい


あと、ミロンガが始まったからといって
主催者がホストクラブのように客を持成すようなことはない
それ目当てのルナにいるオバサマ達には酷な場所だ


soma4


アラブ系の人もいれば
黒人も多い
もちろんアジア系も結構いる


別にダンスに人種は関係ないと思うところが
アメリカに来て理解できた

Golden Gate Milonga?ミロンガ(土)?サンフラン特集5

Golden Gate Milonga @ Golden Gate Yacht Club saturday Glenn Corteza & Jeanette Male


サンフランシスコの北岸の
ちょこんと出た岬のところ(Yacht Road)にある


ついた頃には夜で真っ暗
ヨットが並ぶ美しい海の細道。


不思議なことに海の香りが
日本のように磯臭くなく


月明かりに従って
着いた先は 2つあるうちの奥のヨット倶楽部


入り口の様子
ggm4


当日はアルゼンチンからマリアナさんがレッスンしにきていて
それでも$15だったっけな


レッスン前
ggm3


いきなりアメリカの人にリードが通用するのか・・・


でも安心!タンゴは世界共通語だよ!


レッスンはとても面白い。


肩慣らしに歩いて
その後全歩をサカーダしたり
そして全歩をサカーダさせる


今度練習会でもやってみようか


やっぱり・・・
日本と違って
決してステップなんて教えないからね


バーカウンタ 外にはヨットが見える
ggm2


カウンタには陽気なおぢさんが一人いて
何かよく分かんないがきっと面白いことをベラベラと喋っていた


ワインが$6にチップ$1で計$7


庭から眺める
ggm1


さて、ミロンガが始まる。


写真のせいで奥の方が暗くみえるけれど
いい具合の暗さになっている。


広さで言うと、ゼロの黒部屋より広いくらいかな。
床もなかなか。9時には結構いい具合に集まる。
だからと言って決して混んでない。


ggm5


夜1時くらいになっても
人は最後まで踊り続ける


まあ土曜ですから・・・


それに東京のようにタクシーも高くないから
終電も気にしないでいい


バースデーワルツ Jeanette
ggm6


GlennのパートナーのJeanetteが誕生日!
すごくかわいい!黒髪の長身の女性で絶対日本人にももてる。
でも踊れなかった?


バースデーワルツ どっかのおじさん
ggm7


よく来る名物おじさんだろうか?
おねーさま方にひっぱりだこだった。


Glenn & Mariana のデモ
ggm8


グレン曰く『flashy な踊りはしない』


なかなかミロンゲーロしてた!
この後、7日連続で彼と出会った!

2006年10月12日木曜日

売り場?サンフラン特集4


アンデルセン
RIMG1003

セブンイレブン
RIMG0935

江戸子って?
RIMG1157

はなやさん
RIMG1090

くだもの・とまと
RIMG0947

白いナスとか
RIMG0989

しゃけとかますとか
RIMG0987

パンプキンツリー
RIMG0988

ハーブのひととき
RIMG0949

もうひとつやさい
RIMG0948

Rough Guideシリーズ
RIMG1009