2006年12月14日木曜日

女地獄!

ギリギリセーフ!

飛び乗った先は女地獄でした。



恐ろしい化粧の香りが立ち込めています。
苦しい。なんであんな物が世の中にあるのか。

地獄の調合スープに煮込まれているような熱気。
しかも出汁が化学的です。



ジロジロとキャリアウーマン風の虎のような女に睨まれ
となりの忙しなく立つ蛇のような髪の女に蔑まれ

さらにオフサイドトラップを狙うような陣形で
周りをサッと引かれる。



そして扉が開く!
耐え切れずに降りる!
そして空かさず青空の空気を吸い込む!

こみ上げる涙を拭いながら。



ところが
次の扉はオヤジ地獄だった!

オエッ







扉ごとに地獄絵図が巻き起こっている。
このような仕組み。

すべては女性専用車両のせい!


各車両内のフェロモンが行き場を失って
目まぐるしく渦を巻いております。


はっきり言って
女性専用ミロンガみたいなもんですよ。


調和が取れていない場が発生しています。
重力異常!メーデーメーデー。


お願いだから
女性専用列車にしてください。
間違っても乗らないから。

0 件のコメント:

コメントを投稿