2006年10月13日金曜日

Tango Soma?ミロンガ(日)?サンフラン特集6

Tango Soma @ Studio Garcia sunday Ken & Natasha Delmar


※この日のmixi日記はこちら


AT&Tでボンズの最終打席を見届けた後
8th St.まで歩いてきたけれど
ちょっとここは分かりにくい・・・


やや物騒な外構え
soma1


それに
セサミストリートよりも
ややハーレムっぽくなったような場所で
初めはビビリ気味


良く一人で入れたもんだ。。


タンゴの前はヒップホップのレッスン
RIMG0991


タンゴのレッスン前に着いてしまったので
子供達がヒップホップのレッスンを受けていた。


みんな楽しげ?


Ken & Natasha
soma2


おおっと。いきなり遅刻気味に Ken 登場!


改めて見ると、すごい笑顔だ。
屁のつっぱりはいらんですよ。って感じ?


市場調査のつもりで基本レッスンから受けてみたけれど

レズの女の子が二人でチュっチュしっぱなしだったのが若干気になったが
まあクロスのリードなどいつも適当にやっているところが勉強になった


終わったあとの彼らのデモは
やや縮こまり系だけどいい雰囲気!


全体として受講者のみなさんが
始めたばかりの work-out 気分丸出しで新鮮だった


次のIntermediate のクラスでは20人を越える人数
準備体操が独特。これも使える!


また、とあるムーブメントを教える手法は
日本的で特定のステップをひたすらやらせる系だったが
お約束を持たないように生徒に教えるところなどがロジカルで良い


あと、アメリカの人は足が長いので
足が絡まる系の動きが大きくて面白い


レッスンが8:30くらいに終わり
それからミロンガ


おいしそうなフルーツなど
RIMG0994


フルーツやケーキ、タルト、クロワッサンにチーズが挟まったやつなど
そしてワイン・ソフトドリンクが出てきて
しかもレッスン2つ付きで$15


クロワッサンが特にシンプルだけれど
なかなかおいしかった


踊り場
soma3


昨日の golden gate milonga とは全く面子が違うが
時間と共にちゃんと歩ける人が増えてきた


特に感じたのは
アメリカ女性が足腰が結構しっかりしているので
踊りやすい事


あとは
日本のようにドロドロ系の踊りをする人があまりいない
というかあまり音楽によって踊りを変えようとしない


選曲は結構好き
プロのDJが雇われているらしい


あと、ミロンガが始まったからといって
主催者がホストクラブのように客を持成すようなことはない
それ目当てのルナにいるオバサマ達には酷な場所だ


soma4


アラブ系の人もいれば
黒人も多い
もちろんアジア系も結構いる


別にダンスに人種は関係ないと思うところが
アメリカに来て理解できた

0 件のコメント:

コメントを投稿